肥満は簡単に改善できない。

ダイエットエステ

 

去年の春に健康診断をした時、心身ともに健康状態だったのですが、たったひとつだけ幼少期のころから克服できていない項目がありました。

 

それは肥満度の項目が太りすぎという難しい問題でした。

 

自分は生まれたときから大きい子供で、よく食べるしよく動くし骨も太く両親も肥満体質です。小学校4年生の時に健康診断で160センチ55キロを記録し、ぽっちゃりというよりもデカイ子供に成長するのではないかと両親は思ったそうです。

 

中学生の時から変わらない点だったし、肥満体質の家族の中で暮らしていると自分のふくよかさを気にすることはありませんでした。

 

しかし去年人生初のライブを経験し、それから所謂追っかけの状態になりました。バンドマンの握手会に行くためにダイエットを決行。

 

そのとき流行っていた一日一食ダイエットが自分にはいいだろうと思い、夜ご飯だけの生活を3ヶ月続けました。夜ご飯もよく噛みゆっくり食べることを心がけました。駅から家までの5個のバス停分を歩くなどもしました。

 

今年の数値を見てみると相変わらす太りすぎでしたが、体型はほっそりして体重は10キロ減りました。一日一食で運動もしていたので貧血体質が一層強まり動くたびにめまいがします。しかし困ったこともなく健康状態は至って正常です。

 

悪い結果は早期発見の窓口だからちゃんと受け止めよう

 

もともと太りぎみなので、コレステロールと高血圧気味なところは毎年注意事項で上がってきます。貧血に至っては毎年要治療で上がってくるので未だに通院して治療しています。

 

少なからず自覚はしているのでだいたい結果は予測できるのですが、自覚症状がないのに健康診断や検診などで大きな病気をが見つかったという話もよく聞くので、やはり健康診断は大切だと思いますし、大切な人たちに手遅れになる前に強く必要性を話していきたいと思います。

 

まず、体重を減らそうと思ってただいま食事と運動でダイエットしています。肥満は確かにあらゆる身体の異常を引きおこすので少し体重を落として見た目もスッキリさせたいと思います。

 

貧血のほうは、今でも通院治療をしています。食生活の面でもカロリーを抑えて、鉄分を多く取るように心がけています。地元の特産の南部鉄器の調理器具を使うと鉄分も楽に取れるので、お茶やコーヒーなども南部鉄瓶で沸かしたお湯でいただくようにしています。

 

体重は、まだダイエットをはじめて1ヶ月半くらいなのですが、マイナス2キロになりました。貧血のほうは、血中ヘモグロビン濃度が9から11 まで上がり、常にあった立ちくらみも少しずつですか減ってきているような気がします。

 

痩身エステを受け綺麗に痩せる!

 

ダイエットにこれまで挑戦してきて、途中で止めてしまった体験があるのであれば、痩身エステをしてみてはいかがでしょうか。エステサロンに通って本当にダイエットをすることができるのだろうかと思っている人もいるでしょう。エステサロンには、最新のダイエット機器が用意されていますし、施術してくれるのはプロです。

 

そのため、最近は自分だけでダイエットに挑戦しようとするのではなく、痩身エステをしつつ自分でも努力をしているという人が多くなってきているのです。

 

 

燃焼系成分カプサイシンを飲み体脂肪落としダイエット!

これまでに様々なダイエット方法がメディアなどで取り上げられ、一時的にブームになったりしてました。もう長い間ブームになっている方法もあるのですが、その中の一つとして、カプサイシンダイエットといわれる方法もあります。

 

このカプサイシンダイエットでは、唐辛子に含まれている辛み成分であるカプサイシンを用いることになります。カプサイシンを体の中に取り入れると、小腸で吸収されて、血液と一緒に全身に流れることになります。そして、アドレナリンというホルモンの分泌が促進されるようになり、脂肪を燃焼させやすくすることが期待できるのです。つまり溜まった体脂肪を落とすことができます。

 

アドレナリンの分泌量を増やすことによって、有酸素運動をしているかのように汗を出すことができるようになります。これによってダイエット作用を期待することができるのです。

 

ですが、唐辛子をそのまま食べてカプサイシンを摂取するというのは胃腸に悪いですし、効率も悪いです。ですから、唐辛子が含まれている調味料を料理に使うようにするといいでしょう。唐辛子が含まれている調味料として、コチュジャンや豆板醤、キムチなどが挙げられます。

 

ですが、唐辛子などを食べすぎてしまうと、反対に脂肪を燃焼させにくくなってしまいますし、胃腸が弱い人はそのままカプサイシンを摂取することは難しくなってしまいます。ですから、辛いものが苦手であったり胃腸が弱いという方は、カプサイシンが配合されているサプリメントを摂取するといいでしょう。

 

カプサイシンを摂取すると脂肪を燃焼させやすくすることが期待できるだけではなく、血糖値を低下させる事も期待できます。血糖値を低下させることによって脂肪をつきにくくしていくこともできます。ですから、太りにくい体質にすることも期待できるわけです。カプサイシンを摂りたい場合は体脂肪を落とすサプリを飲むと良いでしょう。

 

脂肪がついてしまっていて、ダイエットをしても脂肪を落とすことができないというときには、唐辛子を使った料理を普段から食べるようにしてみるというのもいいのではないでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症とは

 

アルツハイマー型の認知症は最も多い認知症で、日本の場合は全体の6割はアルツハイマー型であると言われています。アルツハイマー型の症状は記憶障害から始まり、放置することによって確実に悪化していくことがわかっています。

 

認知症の症状が見える数年前から、診断によって傾向を掴むことが可能であり、早い段階では記憶障害ではなく、紙に立体図形がかけなかったり、時計の図に針を記入できないといった状態が見られるそうです。

 

若年性のアルツハイマーも報告されていて、40歳代から発症するケースもあり、その場合はその分進行も早くなっています。アルツハイマーは記憶障害が最初と言われますが、その前から軽い人格の変化があるといった兆候があり、具体的には頑固になったり、怒りっぽくなったりするなど、ちょっと困った性格になってしまうようです。

 

アルツハイマーは軽度のうちは年月日がわからない、浪費傾向が見られる、といったところから始まりますが、中程度になると迷子になりやすくなり、感情障害が見られ、問題行動も起こるようになります。高度のアルツハイマーでは、精神疾患のように幻覚が見えたり、被害妄想が強くなったり、身体的な活動レベルの低下まで見られるようになります。

 

アルツハイマー病は脳内における異常タンパク質が増えることで発症することがわかっており、βアミロイドというタンパク質が原因と考えられています。脳の神経細胞が急激に崩壊を始め、脳が小さく軽くなるといった症状が顕著に現れます。これはあくまで原因のひとつであるとされており、まだ完全に解明されたわけではないようです。

 

合わせてどうぞ⇒認知症サプリランキング@予防に効果のあるのはどれ?

 

腸内細菌への高まる関心

 

善玉菌というのは一種類の菌ではなく、1000種類ほどあると言われる腸内細菌の種類のひとつです。非常に多くの種類の菌の総称ですが、人間に良い働きをするもので、代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌です。

 

乳酸菌とは、ブトウ糖などの糖類から乳酸を作る性質をもった微生物を言います。これらがついているヨーグルトやチーズは、空気に触れさせてしばらく置いておくとさらに酸味をまして発酵していきますが、これは乳酸菌があるためです。

 

乳酸菌は腸内で乳酸を作って腸内のpHを酸性に傾けることによって腸内を殺菌し、悪玉菌の繁殖を抑制します。それによって腸内環境を整え、便秘改善や、コレステロールの吸収抑制、免疫力向上など多くの健康効果を発揮します。

 

ヨーグルトなどで有名なビフィズス菌は大腸で特に働くもので、乳酸菌の一種とされることもあれば、学術的には別の種類の菌であるために別枠で考えられることも多いです。しかしながら、善玉菌というくくりでは同様のものと考えられています。

 

これら乳酸菌やビフィズス菌も常に新しいものが発見されていて、様々な作用を活かして健康に貢献することが期待されています。特に最近は特定の疾病に対して有効な効果をもった菌が次々と発見されているようです。

 

こういった善玉菌があることは知っていても、善玉菌を増やすサプリはあるの?と、知っているだけでは善玉菌を増やすことはできません。そういった菌を増やすための菌活と呼ばれる活動をしている人も増えてきているそうで、日増しに腸内細菌への関心が高まっています。